【旨みの暴力】10年ぶりの姫松屋で『具雑煮』に震えた話

こんにちは、たぐちです。

みなさんは『具雑煮』なるものをご存知でしょうか?

長崎出身の僕ですが、恥ずかしながら初めて島原に来るまで存在すら知りませんでした。

具雑煮(ぐぞうに)って?

島原・郷土料理の代表格。正月の雑煮は各地でいろいろと違いますが、島原地方の雑煮は具だくさんで、山の幸、海の幸がいっぱい盛り込まれていて、豊かな島原の産物を集大成化したようなものです。※島原市HPより抜粋

聞くところによると、かの有名な「島原の乱」で一揆軍がこれを食べて約3ヶ月も戦えたんだとか。合法的なドーピングかよ。

初めて食べたのはたしか10年前くらいの大学生のとき。

たまたま島原に釣りに来たとき、せっかくだから……と食べた記憶があります。

そのときは、

めがね

あ、うまいやん。

と思った記憶が、なんとなーくあります。

しかし、島原に住む以上、もう一回くらい食べてたほうがいいなーと思いまして。

具雑煮の元祖「姫松屋」に向かうッ!

そこで向かったのが、「姫松屋」さん。

島原城の超近く。島原駅からも歩いて来れる。

知らない方にご説明すると、具雑煮の元祖となるお店なんだそう。

見せてもらうではないか、その実力を。

おじゃまします。

店内はレトロな感じ。お茶がウマく感じる。

旨みの暴力

というわけで、出てきました。具雑煮(並)。

「具雑煮」の名の通り具だくさん

見た目は確かに雑煮。

ただ見た感じ、やっぱり具多くね?いや多いだろこれ。うん多い。

もち、アナゴ、鶏肉、れんこん、ごぼう、とうふ、しいたけ…etc。

根菜だけで2種あるし、アナゴ(サカナ)と鶏肉が一緒に入ってる料理もなかなか無いような……。

では、いただきます。

……

………

うまぁッッッ

なにこれ!!!こんなうまかったっけ、雑煮って!!

アラサーになって自分の舌が進化したのか、なんなのか理由はよくわかりませんが、とにかく衝撃的な旨み。

語彙力がなくて伝えきれないのですが、旨みをガチガチに固めて、脳の内側から殴られたような感覚でした。

素材が多いからか、ダシが狂気的にやばいこれ。

…すみません、少々取り乱しました。

個人的に毎日食べたい

地元民には疑われそうですが、僕はまじで具雑煮毎日食えます。

あまり食べ物でテンションが上がらないバカ舌の僕でさえ衝撃を受けた具雑煮、島原にお越しの方はぜひ食べてみてください。(ちょっと味覚がアダルトになったほうがウマく感じる?かも。)

当然の完食

ちなみに姫松屋さんは2店舗あります。

具雑煮の作り方は同じらしいのですが、微妙に味が違うんだとか。僕は次の日、別の店舗に行きましたが、案の定味の違いがわかりませんでした…🤔

市内で具雑煮をいただけるお店は姫松屋さん以外にも複数あるので、ツウのかたは「具雑煮めぐり」をしてみても面白いかもしれません。僕もただいま開拓中です。

ほいでは。

店舗情報

店舗名 姫松屋 本店
所在 〒855-0036長崎県島原市城内一丁目1208(島原城正面)
営業時間 午前11時00分 ~ 午後7時00分