有明海・島原湾にはどんな魚がいるの? 早朝の魚市場に潜入してみた結果

こんにちは。島原市地域おこし協力隊の田口です。

たぐち  

▼最近のトピックス

魚をさばくため、島原スペシャルクオリティ認定の「吉光」の包丁を購入。

未使用ながら、謎の満足感に襲われている。

島原で暮らし始めて約4ヶ月。

週に1度は釣りへ出かける生活が続いているのですが、もっといろんな魚が釣れるようになりたい(゜-゜)

というわけで・・・

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

と、孫子パイセンのご指南どおり、まずは有明海にどんな魚がいるのかを調査したい!というわけで、島原の魚市場へ行ってみました!!

【AM5:30】島原の魚市場へ

AM5:30、入千代商店魚市場に到着。

ねむいし、ねむい。

現場につくと、すでに活気のある声が聞こえてきます。

元気。めっちゃ元気。

すでに活気づいている魚市場

もう競りが始まってる……。

低血圧気味で異常にテンションが低い自分を置き去りにし、漢たちは魚を競り落としていくのであります。

この一連の風景を見て思ったのが3点。

・早口すぎてなんと言ってるのか謎
・落札価格を誰がメモってるのか謎

・一瞬で値決めが行われる

なんとなく数字は聞き取れるので、その場のノリで「あ〜あれね、今の鯛は〇〇円ね!」と必死に玄人感を出してみます。

魚種の豊富さにビビる

本題は「どんな魚介類が水揚げされているのか?」。

ダイジェストで紹介しましょう!

春告魚とも言われる「メバル」。
個人的に目がクリクリしてて一番好きな顔面。
顔はアレだがウマい魚、でおなじみ「カサゴ」。
「アラカブ」「ガラカブ」「ガシラ」など地方名がさまざま。
※真ん中あたりの一匹だけメバル
神出鬼没で「幽霊魚(ゆうれいうお)」と言われる「タチウオ」
刺し身、炙り、塩焼き、煮付け……などで美味なオールラウンダー
身が甘い「コウイカ」。
ハンパない量の墨を吹くため「スミイカ」とも呼ばれる。
何キロあるかわからない巨大な「マダイ」。
このサイズを釣ってみたいんです。
ムニエルが定番料理?「アカシタビラメ」。
島原では靴底の形から「クッゾコ」と呼ばれるらしい。
島原では「がね」と呼ばれる「ガザミ(ワタリガニ)」
島原沖で釣りをしていると、海面を泳ぐ姿を目にすることも。
高級魚介類でもある「クルマエビ」。
黒い模様と丸まった姿がその名の由来らしい。
実はエイの仲間の「サカタザメ」。
驚くほど身の臭みが少ない。湯引き+酢味噌でビールがぶがぶ。
手のひらサイズの「セトダイ」。南島原では「ツード」と呼ぶらしい。
旬は春〜夏とされ、煮付けや塩焼きなどでウマい。
たぐち

▼感想
・意外と魚種が豊富(有明海は内湾なので魚種が少ないと思っていた)
・青物(ブリやアジなど)は少ない
・競り直前や最中に〆られているので新鮮

以上、お魚ダイジェストでございました。

当然、水揚げされる魚介類は時期によって種類や量が変化します。

「宝の海」と呼ばれる有明海ですが、その名のとおり色んな魚たちを見ることができました。

衝撃すぎる「雑魚」のおねだん

この魚市場で最も衝撃的だったのが、「雑魚」とされる魚たちのお値段。

さぁ、ここでクエスチョンです。

Q:↓の写真のお魚たち、まとめておいくらでしょうか?

ワニゴチ、あなご、エソ、カサゴ、グチをまとめた逸品

・・・

・・・

・・・

はい。では、正解発表です!

A:200円

いや、安すぎwwwww

≒生ビール1缶分というね。

おそらく時価も影響していそうですが、それでも破格すぎる。。。

どの魚もちゃんと料理すれば、美味しいのに……。衝撃的なお値段でございます。

まとめ

今回は島原の魚市場に潜入した様子をレポートしました。

・意外な魚種の多さ
・魚市場のいい感じの活気
・雑魚の衝撃価格

このあたりが印象的でした。

今後の協力隊活動のヒントにもなったかも?

ではでは!