島原の「舞岳山荘」でキャンプしてみた! プチ野営して感じた魅力3選 

こんにちは、島原市地域おこし協力隊の田口です。

たぐち

▼最近のトピックス

秋のコスモスで有名な「火張山公園」。

敷地内のヤギと戯れるのも癒されポイント😌

早よよこせ顔がたまらん

今回は島原市有明にある「舞岳山荘」でプチキャンプをしてみた様子をお伝えしますー!

島原市にある舞岳山荘

島原半島にはキャンプ場が点在しています。

しかし、「島原市」に限って言うと自分が知る限りではここ舞岳山荘のみ。

芝生のグラウンド、市民農園、草スキー場など
敷地面積はかなり広い

島原中心地から車で20分ほど。

グーグルマップでは「島原市有明農林漁業体験実習施設 舞岳山荘」(卍解っぽい)という表示で出てくるので、どんなかんじで利用できるか疑問に思うかもしれません。

キャンプ利用ができますが、スポーツコートがある「百花台公園」(雲仙市)から近いこともあって「合宿場」としての利用も多いようです。

管理棟のエントランスでは、ホッキョクグマ氏がお出迎えしてくれます。いや、なんで……?

でけぇよ…

BBQ&野営キャンプしてみた

季節は行楽シーズンの秋。

冬になる前に、舞岳山荘に泊まってバーベキュー&キャンプしてみました!

トイレ横にテントを張るチキンスタイル

もちろん宿泊棟に泊まることもできますし、お風呂を利用することもできます。

野営する場合でも「宿泊扱い」になるので、利用料金は宿泊棟を利用した場合と同じです。

※大きめのバーベキューコンロの無料貸し出しはありますが、炭の販売&テントのレンタルなどはありません。基本的に物品は持ち込む必要あり!

すべらないBBQ

そして夜。BBQ開幕!

肉とビールはニコイチ

肉が焼けたら、食う。
お腹がいっぱいになったら、語り合う。

単純にこれだけのことですが、屋外でやるだけで不思議な満足感があります。アウトドアの七不思議。

何かあれば宿泊棟にも駆け込めるので、自分のような初心者キャンパーや家族連れの方も安心です

今回は防火シートを引いたうえで少人数で野営(焚き火)を楽しみましたが、団体で飯盒炊飯が楽しめるエリアもありますよ☺

大人になってこういうの見ると、なんだか懐かしい気分になります。

水道も使用できます

新三大・舞岳山荘のよかところ

BBQするだけでも楽しい時間を過ごせますが、ここからは自分が感じた『舞岳山荘だからこその魅力』を3つ挙げたいと思います!

1. 月&星がキレイかっさね

まず有権者の皆様にお伝えしたいのは、舞岳山荘の「夜空の魔力」です。

当日は(ほぼ)満月の日にたまたま当たり、お月見をしながら火を囲むことができました。これ以上の贅沢ってあんの?

お月見バーベキュー

市街地から少し離れた位置にあるため、いいかんじに周囲が暗くて星空がキレイに見えますー。こりゃ都会じゃ味わえん。

雲仙岳のシルエットが美しい

アップで見せましょか?

ぜひ肉眼でみてほしい

月は周期があるので見れるかは運ゲーですが、星空は晴れればほぼ間違いなく見ることができますよ~。

美しい=正義だわ。

2. ロケーションの良さ

次に有権者の皆様にお伝えしたいのは、「ロケーションの良さ」。

標高703mの舞岳の中腹にするので、海と山どちらの眺望も良い!

上空からみると別荘感ただよう

眼前にそびえたつ山の存在感がパない。

火山がある風景は、島原ならでは。長崎最高峰の平成新山が顔を出しています。

平成新山(左)&舞岳(右)

天気が良ければ熊本方面まで一望できます。

いと青し

いいかんじに「山の中」にあるので自然が豊か。敷地内でフクロウに遭遇したのはかなりビビりました(-_-;)

3. 利用料金がやっすい

最後に、利用料金の話。

一名あたりの使用料金がとにかく安い😲

市内在住の方ならば割安(というか格安?)で利用ができます。

 日帰り(市内の方)宿泊(市内の方)日帰り(市外の方)宿泊(市外の方)
幼児 50円390円110円800円
小学生
中学生
 70円 780円 150円 1,100円
高校生
大学生
専門学校生
 150円 1,040円 310円 1,570円
 一般 230円 1,570円 470円 2,350円
島原市HPより抜粋(2021年10月時点)

市内の方ならば、なんと大人1,570円で宿泊できます……。やばー。ネカフェ並み。

ちなみに、利用した日は市の宿泊割引が適用されたのでさらに上記の半額というね…。

気になったところ

一方、しょうがない部分もありますが、実際に利用して気になったポイントも書いておきますね。現時点では理解いただいたうえで利用いただく必要があります。

Wi-Fiの速度

動画世代にとっては悲報?

無料Wi-Fiが飛んでいるのですが、ちょっと速度が遅くて動画視聴は難しいです。キャンプ利用だと動画視聴することは少ないかもしれませんが、ちょっとしたBGMを流したいときは難儀するでしょう。

どうしてもWi-Fiが必要な場合は、ポケットWi-Fi持参推奨です。

洋式トイレがない

特に女性は気になるポイントかも?

洋式トイレがない。

屋外の男子トイレには洋式トイレがあるのですが、残念ながら宿泊棟にはありません。

個人的にはそんなに苦痛ではないですが、気にする方はちょっとアレかも…?

現地決済ができない

個人的に一番気になったのがここ。

現地で支払いができないのはちょっとストレスでした💦

支払方法は2つ。

  1. 銀行振込
  2. 管理先の「島原市役所有明庁舎 有明支所 農林課」で直接支払い

その日の清算はその日にしたい派にとっては、後日に支払いをするのは気になるポイントです……。

利用の流れ

というわけで、島原市にある「舞岳山荘」でキャンプした様子をお伝えしました!

施設内の様子は島原市の公式HPにも掲載されていますので、チェックしてみてください。

最後に予約の流れを簡単に紹介しますね☺

  1. 島原市農林課へ電話(0957-68-1111)で空き状況を確認
    ※利用日の2か月前から1週間前までに申請書を提出
  2. 申請書を提出
  3. 利用する
  4. 後日、利用料金を支払い

もちろん「合宿施設」としても優秀な施設ですが、キャンプ利用もかなりオモシロイ場所でした。

眺めも良いので、島原半島のドライブついでにも立ち寄ってみては?

ではでは 👋 👋

秋が深まれば紅葉スポットにもなります🍁
コメントを残す